山梨県のほくろ(ホクロ・黒子)の除去ができるクリニック5件の一覧:治療方法や除去費用・価格の相場は?

山梨県のほくろ(ホクロ・黒子)の除去ができるクリニック5件の一覧です。ほくろ(ホクロ・黒子)の除去ができるクリニックの情報を紹介しています。

また、除去費用の相場や、価格比較からより安い治療方法の紹介もしています。

山梨県でほくろ(ホクロ・黒子)の除去ができるクリニック

全国対応ほくろ(ホクロ・黒子)の除去ができるクリニックアフィリスペース

ほくろ(ホクロ・黒子)の除去ができるクリニック


【ほくろ除去クリニック】の説明。【ほくろ除去クリニック】の説明。【ほくろ除去クリニック】の説明。【ほくろ除去クリニック】の説明。【ほくろ除去クリニック】の説明。

【ほくろ除去クリニック】の公式サイトはこちら

山梨県でほくろ(ホクロ・黒子)の除去ができるクリニック一覧

山梨県でほくろ(ホクロ・黒子)の除去ができるクリニックの一覧です。

甲府市(4)/中巨摩郡昭和町(1)/

甲府市でほくろ(ホクロ・黒子)の除去ができるクリニック

エコア株式会社

エコア株式会社は立川市において食品安全・ビル及び住環境管理に関するサービスを手がけています。害虫獣の駆除・防除を行っており、クライアントが快適な暮らしを送ることができるような生活環境を提供してくれます。
住所山梨県甲府市大里町2062
ホームページエコア株式会社のサイトはこちら
対応害虫ネズミ、ゴキブリ、シロアリ、ダニ、ハエ、毛虫、ハチ、蚊

武田消毒株式会社

武田消毒株式会社は環境管理及びビルメンテナンスを中心とした事業展開を行っています。害虫駆除業務も取り扱っており、シロアリをはじめとする様々な虫の悩みを解決してくれます。
住所山梨県甲府市徳行3丁目9-28
ホームページ武田消毒株式会社のサイトはこちら
対応害虫シロアリ、ネズミ、ムカデ、ダニ、ハチ

株式会社ソートマン山梨

株式会社ソートマン山梨はパイプクリーニング・害虫駆除・貯水槽清掃を中心とした事業展開を行っています。害虫駆除では一般家庭から店舗・工場に至るまで幅広く対応しており、プロによるサービスを提供してくれます。
住所山梨県甲府市住吉1丁目14-14
アクセス中央高速道「甲府南IC」から車で15分
ホームページ株式会社ソートマン山梨のサイトはこちら
対応害虫シロアリ、ゴキブリ、ハチ、ネズミ

すみよし住建有限会社

すみよし住建有限会社は山梨県を中心に、住まいのメンテナンスを行う企業です。25年の実績があり、白アリ駆除だけでなく水道工事や電気工事など幅広く手がけているので、様々なニーズに応えてくれます。
住所山梨県甲府市住吉1丁目8-24
ホームページすみよし住建有限会社のサイトはこちら
>>甲府市のほくろ(ホクロ・黒子)除去クリニックの続きはこちら
[先頭へ戻る]

中巨摩郡昭和町でほくろ(ホクロ・黒子)の除去ができるクリニック

株式会社ダイエー環境サービス総合受付

株式会社ダイエー環境サービス総合受付は地域に根ざした経営を行っており、地元で30年以上の実績を持つ害虫駆除業者です。徹底的な調査を行い、対象害虫に応じた確実な駆除を行ってくれます。
住所山梨県中巨摩郡昭和町紙漉阿原2603
ホームページ株式会社ダイエー環境サービス総合受付のサイトはこちら
対応害虫シロアリ、黒アリ、キクイムシ、ハチ、ダニ、ムカデ、ヤスデ、ゴキブリ、アメリカシロヒトリ等
>>中巨摩郡昭和町のほくろ(ホクロ・黒子)除去クリニックの続きはこちら
[先頭へ戻る]

山梨県でほくろ(ホクロ・黒子)除去ができるクリニックの一覧は以上です。

ほくろ除去前の正しい知識

ほくろは自分で取って良いの?

ほくろ除去は自分で取ってはいけません。

ほくろには種類がありますし、そもそもほくろでは無いかもしれません。その見分けは素人には難しいのが、ほくろ除去を自分で行ってはいけない理由です。

万が一、ほくろだと思っていたものが悪性黒色腫の場合、医師の診断の元、確実に除去しなければ危険です。悪性黒色腫の種類としては以下があります。
  • 悪性黒子型黒色腫
  • 表在拡大型黒色腫
  • 末端黒子型黒色腫
  • 結節型黒色腫
良性腫瘍であったとしても、傷をつけて炎症を起こしたり、それが原因で悪性化する可能性もあります。

ほくろ除去を行いたい場合は、必ず病院で診察してもらいましょう。

ほくろ除去の診断は皮膚科

ほくろ除去の相談は、まず皮膚科で行いましょう。適切な診断の上で、様々な治療方法を提案してくれます。場合によっては、保険適用される場合もあるので、皮膚科での相談が安心です。

以下に、一般的な治療方法例を紹介します。

治療名治療方法メリットデメリット
切除メスによる切開の後、縫合し、抜糸する。再発の可能性が低い傷跡が残る可能性がある
電気メス電気メスの熱によりほくろを除去傷跡が残りにくい
出血が少ない
大きいほくろには適用できない
レーザーレーザーによりほくろを除去傷跡が残らない
痛みがない
治りが早い
小さなほくろにしか適用できない
深部のほくろは取り残す場合がある
(再発の可能性あり)
上記以外には、ほくろ除去クリームなどもありますが、日本国内では安全基準を満たしていないため正式には販売されていません。国内で購入できるものは、全て輸入代理店による海外製になります。当然ですが、肌トラブルを起こしても自己責任になってしまうため、リスクが高すぎます。

お灸やレーザーペンといったセルフで行うほくろ除去方法がありますが、どれも安全性が疑問で行う場合は自己責任になります。肌トラブルが起こる可能性もありますので、辞めておいた方が良いでしょう。

ほくろ除去は保険適用?自費?

美容目的のほくろ除去の場合、自費になります。これは、国税庁のHPに記載されています。
(https://www.nta.go.jp/law/shitsugi/shotoku/05/35.htm)

保険適用されるケースは、悪性の場合や体の負担になっている、機能的に問題がある場合になります。「機能的に問題がある」とは具体的に、以下のような例があります。

  • 顔を洗うときに引っかかる
  • ひげを剃るときに引っかかって、出血することがある
  • 洋服を着脱するときに引っかかる
  • 眼瞼にあり、視野の邪魔になる
などです。この辺りの判断は、クリニックにより違うため事前に確認しましょう。

失敗しないほくろ除去クリニックを選ぶポイント

ほくろ除去の相場を知る

失敗しないほくろ除去クリニックを選ぶには、まずは相場を知りましょう。 1mm以下2,500円〜10,000円 1cm以下10,000円〜32,000円 1mm以下の小さなほくろですと1個10,000円以下 5mm前後のものは10,000円から15,000円程度 1cm以下は20,000円前後になります。 切開の場合は、30,000円前後になります。 治療法は、医師が適切な判断をしてくれるので従いましょう。 になります。1cm以上のほくろの場合は治療方法が切除になります 複数個取り放題プランのクリニックがあったりしますので、クリニックで確認しましょう。

ほくろ除去クリニックの口コミ・評判を調べる

次に口コミや評判を調べましょう。今は、SNSでカンタンにクリニックの評判を調べられます。安さだけでなく、クリニックの医師や看護師さん、スタッフの対応なども重要です。

全国対応ほくろ(ホクロ・黒子)の除去ができるクリニックアフィリスペース

ほくろ(ホクロ・黒子)の除去ができるクリニック


【ほくろ除去クリニック】の説明。【ほくろ除去クリニック】の説明。【ほくろ除去クリニック】の説明。【ほくろ除去クリニック】の説明。【ほくろ除去クリニック】の説明。

【ほくろ除去クリニック】の公式サイトはこちら


12